Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラセキュリティ対策の第4次行動計画が決定 - パブコメに意見20件

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、「重要インフラの情報セキュリティ対策に係る第4次行動計画(案)」に対する意見募集の結果を公表した。寄せられた20件の意見を踏まえたうえで、同計画を決定した。

同計画は、官民連携により、重要インフラサービスの安全かつ持続的な提供の実現を目的としたもの。具体的には、安全基準の継続的改善や、情報共有体制の強化、障害対応体制の強化、リスクマネジメントや対処体制の整備、防護基盤の強化などを盛り込んでいる。

同センターではパブリックコメント案を公開し、1月から2月にかけて意見を募集。今回、9団体や個人から寄せられたのべ20件の意見を検討し、考え方を示すとともに一部修正や追記を実施。4月18日に開催されたサイバーセキュリティ戦略本部第12回会合において、同計画を決定した。

(Security NEXT - 2017/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中部電力ら、産学でセキュリティ分野を共同研究
IPA、産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始 - 模擬プラント演習なども
IPA、重要インフラや産業基盤分野のセキュ人材育成で受講者募集
セキュ月間が開始、3月18日(サイバー)まで - キャッチフレーズは「#サイバーセキュリティは全員参加!」
重要インフラのセキュリティ対策に関する行動計画案 - パブコメ実施
IPA、セキュリティ人材確保に向けたシンポジウム - エストニア元大統領や米サイバー軍元司令官も登壇
政府、重要インフラの分野横断的な演習を実施 - 約2000人が参加
CSSC、重要インフラ分野のサイバーセキュリティ演習を実施
2017年度のセキュリティ関連予算概算要求額は601.4億円
多摩大、「サイバーセキュリティ国際標準化研究会」 - 米NISTも協力