Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラセキュリティ対策の第4次行動計画が決定 - パブコメに意見20件

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、「重要インフラの情報セキュリティ対策に係る第4次行動計画(案)」に対する意見募集の結果を公表した。寄せられた20件の意見を踏まえたうえで、同計画を決定した。

同計画は、官民連携により、重要インフラサービスの安全かつ持続的な提供の実現を目的としたもの。具体的には、安全基準の継続的改善や、情報共有体制の強化、障害対応体制の強化、リスクマネジメントや対処体制の整備、防護基盤の強化などを盛り込んでいる。

同センターではパブリックコメント案を公開し、1月から2月にかけて意見を募集。今回、9団体や個人から寄せられたのべ20件の意見を検討し、考え方を示すとともに一部修正や追記を実施。4月18日に開催されたサイバーセキュリティ戦略本部第12回会合において、同計画を決定した。

(Security NEXT - 2017/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
政府、重要インフラの安全基準策定指針を改訂 - 特に考慮すべき対策項目など
政府、重要インフラの安全基準に関する指針改訂でパブコメ実施
JASA、ISMS運用組織向けにガイドライン - 初期被害対処など盛り込む
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開
サイバーセキュリティ基本法の改正案を閣議決定 - 官民情報共有組織の創設へ
サイバー防御演習「CYDER」、2018年度は一般事業者も受講可能に
拘束力持つセキュリティ規則と基準を要請 - 8社が共同憲章に署名
NICTやPwC-CSら、重要インフラのサイバー攻撃対策技術で共同研究