Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルやレジストリ情報からマルウェア感染調査する「CHEC君」 - クオリティソフト

クオリティソフトは、端末内におけるファイルのハッシュ値やレジストリ情報などからリスクを解析するコンサルティングサービス「CHEC君」を提供開始した。

同サービスは、調査対象のPC端末でツールを実行し、「パス」「ハッシュ値」といったファイルに関する情報や、「レジストリ」などの情報を収集、解析するサービス。

収集した情報をもとに、マルウェアの感染状況や、過去にマルウェアへ感染した痕跡、ソフトウェアの脆弱性などを分析し、レポートを提供する。ポリシー違反の可能性や、組織内の一部端末にしか存在しない情報などを踏まえた分析にも対応する。

(Security NEXT - 2017/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
インシデント対応を支援する拡張機能をリリース - タニウム
WhiteSource製OSS管理ソリューション - ライセンスや脆弱性を可視化