Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

D-Link製複数ルータに管理機能を悪用されるおそれ

D-Linkが提供する複数のネットワーク機器に管理者アカウントの認証情報を取得されるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関では注意を呼びかけている。

同社が提供するルータ「DIR-130」「DIR-330」のリモートログインページに認証回避の脆弱性「CVE-2017-3191」や、認証情報の保護における不具合「CVE-2017-3192」が判明したもの。

「DIR-130」では、ファームウェアが「バージョン1.23」、「DIR-330」では「バージョン1.12」で脆弱性が確認されており、これら以外のバージョンについても影響を受けるおそれがある。

対策方法は明らかになっておらず、セキュリティ機関では、「機器へのアクセスを制限する」「リモート管理機能を無効にする」など緩和策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Tools」の一部バージョンに権限昇格の脆弱性
「Citrix ADC」へのゼロデイ攻撃、国内でも11日より観測
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処
「Citrix ADC」狙う悪用コード出回る - ゼロデイ攻撃に注意
MS、2020年最初の月例パッチを公開 - 脆弱性49件を修正
米国家安全保障局、Windowsの脆弱性に警鐘 - 情報漏洩やファイル偽装のおそれ
「Adobe Illustrator CC」に複数の深刻な脆弱性
「Citrix ADC」の更新、1月下旬に順次公開 - 米政府がチェックツール公開
「phpMyAdmin」にSQLiの脆弱性 - アップデートが公開
脆弱な「Citrix ADC」の探索行為が観測される - 高まる悪用リスク