Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応

Skyは、法人向けクライアント運用管理ソフトの新版「SKYSEA Client View Ver.12」を提供開始した。

20170322_sk_001.jpg

同製品は、IT資産や外部デバイス、ログ、クライアントの操作など、組織の端末を一元管理できるソフトウェア。

今回リリースした新版では、他社のUTM製品やマルウェア対策ソフトなどセキュリティソリューションの連携機能を追加した。

UTMで異常な通信を検知した際、通知とともに問題の端末をネットワークから遮断することが可能。また連携できるマルウェア対策ソフトを拡充したほか、共有フォルダへアクセスできるアプリケーションの制限に対応した。

さらに指定したネットワーク以外においてインターネットへの接続を制限できるほか、挙動に問題があるパソコンを管理者が手動でネットワークから遮断できる機能も追加している。

(Security NEXT - 2017/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC