Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応

Skyは、法人向けクライアント運用管理ソフトの新版「SKYSEA Client View Ver.12」を提供開始した。

20170322_sk_001.jpg

同製品は、IT資産や外部デバイス、ログ、クライアントの操作など、組織の端末を一元管理できるソフトウェア。

今回リリースした新版では、他社のUTM製品やマルウェア対策ソフトなどセキュリティソリューションの連携機能を追加した。

UTMで異常な通信を検知した際、通知とともに問題の端末をネットワークから遮断することが可能。また連携できるマルウェア対策ソフトを拡充したほか、共有フォルダへアクセスできるアプリケーションの制限に対応した。

さらに指定したネットワーク以外においてインターネットへの接続を制限できるほか、挙動に問題があるパソコンを管理者が手動でネットワークから遮断できる機能も追加している。

(Security NEXT - 2017/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー