Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、金融機関向けにインターネット接続サービス - CSIRT支援も

NECは、金融機関向けにインターネット接続環境などを提供する「金融機関向けインターネットゲートウェイサービス」を提供開始する。

同サービスは、金融検査マニュアルなど金融機関向けガイドラインに対応したインターネット接続環境を同社データセンターにて構築、提供するもの。ファイアウォールや不正侵入検知、振る舞い検知などを基本サービスとして提供。仮想デスクトップ環境といったオプションサービスやパッチ適用、設定変更の代行などへ対応する。

また常時監視やインシデント発生時の初動対応、復旧や再発防止策の策定まで支援。インシデント対応マニュアルの整備や、定期的な脆弱性診断などCSIRTの業務についてもサポートする。

単独の金融機関に限らず、複数金融機関による共同利用にも対応。料金は、1金融機関での単独利用でインターネット接続回線100Mbpsの場合、初期費用が1620万円から。年間費用が2160万円から。同社では、今後3年間に30の金融機関へサービスを展開したい考え。

(Security NEXT - 2017/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
電話の発信者番号で本人認証を行うECサイト向けサービス
三井住友銀と日本総研、WatsonでFS-ISACの脅威情報を解析
日立、サイバー攻撃の情報共有や対応強化で地銀と協力
三井住友銀とNECら3社、セキュリティ人材の育成事業で協業
DNPら、セキュアチップを活用した金融機関向け遠隔保守サービス