Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

危険な無線LANへのアクセスを制限するサービス - アズジェント

アズジェントは、無線LANや携帯電話の基地局がセキュリティポリシーをクリアしているかチェックできるサービスを5月より提供開始する。

同サービスは、アクセスポイントをリアルタイムに分析し、あらかじめ設定したセキュリティレベルに達していないアクセスポイントへの接続を遮断するソリューション。「Windows」「Mac」「Android」「iOS」に対応している。

イスラエルのCoronet Cyber Securityが開発したソリューションを、マネージドサービスとして展開するもので、セキュリティポリシーの設定や運用管理を、アズジェントが提供する。

(Security NEXT - 2017/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
トレンド、無料Wi-Fiの盗聴リスクを低減するアプリ - 時間や通信量制限なし
カスペルスキー、2017年版をリリース - ソフトの断捨離機能も
WEPキーの盗難対策などを搭載した無線LANアクセスポイント
チェック・ポイント、SMB市場向けにUTM2モデルを追加
危険な国や地域への接続をブロックする無線LANルータ「SAKOKU」
トレンド、公衆無線LAN向けセキュリティサービス
ALSI、漏洩対策製品「InterSafe ILP 4.4」をリリース
フォーティネット、UTM搭載アクセスポイントを発表 - クラウド管理に対応