Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃被害組織の2割強で顧客や収益が減少

サイバー攻撃により侵害を受けた組織の2割強で、顧客や収益の減少が発生したとする調査結果を米Cisco Systemsが取りまとめた。

同社が、13カ国の組織の最高セキュリティ責任者(CSO)やセキュリティ部門の責任者約3000人を対象に2016年の動向について調査を実施したもの。

同調査によれば、サイバー攻撃により侵害を受けた組織の22%で顧客が減少。さらにそのうち40%では顧客の20%以上を失ったという。

また29%の組織は侵害により利益が縮小。そのうち38%では20%以上の収益が減少していた。さらに事業機会を逃したとする組織は23%で、20%以上の事業機会を失ったと考える組織は42%にのぼっている。

(Security NEXT - 2017/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
企業の14%がセキュ事故経験 - サイバー保険加入率は12%
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
54%の企業が2017年にランサムウェア攻撃を経験 - 平均損害額は13万ドル
自動運転に半数弱が「関心あり」 - サイバー攻撃対策求める声も
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
ビッグデータの不正利用防ぐ法整備、7割弱が「賠償基準明確化」「罰則強化」望む