Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、米国にセキュリティ監視拠点を設立 - 24時間体制の監視を提供

NECは、米国カリフォルニア州にセキュリティ監視拠点として現地法人Infosec Americaをあらたに設立し、4月より運用開始する。

同拠点は、グループ会社インフォセックの子会社。日本、欧州、米国の世界3拠点において時差を利用することで、日中の業務のみで24時間の監視体制を構築する取り組みの一環として設立したもの。2016年10月にオーストリアに設立した監視拠点に続き、米国にあらたな拠点を設けた。

24時間体制の監視サービスを提供するほか、現地パートナー企業の開拓や、セキュリティ対策ソリューションの提供に向けたマーケティング活動などを展開していく。

(Security NEXT - 2017/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市
「宅ふぁいる便」が終了 - 「オフィス宅ふぁいる便」は継続
高齢者施設関係者が個人情報を政治利用 - 小金井市
「個情法改正大綱」でパブコメ実施中 - 逸脱利用を制限
EOL目前「Windows 7」、いまだ約1500万台が稼働
顧客情報含む通知書が輸送会社で所在不明に - 北洋銀
従業員の顧客情報漏洩、金銭目的や強要否定 - 北洋銀
日本地図センターに不正アクセス - 不正サイト誘導のおそれ
MS、APAC初「エクスペリエンスセンター」を開設
ネットバンク不正送金が3.6倍に - 個人での被害目立つ