Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、米国にセキュリティ監視拠点を設立 - 24時間体制の監視を提供

NECは、米国カリフォルニア州にセキュリティ監視拠点として現地法人Infosec Americaをあらたに設立し、4月より運用開始する。

同拠点は、グループ会社インフォセックの子会社。日本、欧州、米国の世界3拠点において時差を利用することで、日中の業務のみで24時間の監視体制を構築する取り組みの一環として設立したもの。2016年10月にオーストリアに設立した監視拠点に続き、米国にあらたな拠点を設けた。

24時間体制の監視サービスを提供するほか、現地パートナー企業の開拓や、セキュリティ対策ソリューションの提供に向けたマーケティング活動などを展開していく。

(Security NEXT - 2017/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GDPRの理解を問う試験を提供 - EXIN JAPAN
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
ファイア・アイのCTOに伊東寛氏が就任
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
2018年1Qの不正送金被害は1.8億円 -被害額は個人で倍増、法人は54分の1に
顧客情報9.2万件含むサーバに不正アクセス - パーソルキャリア