Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」でパブコメ実施

政府のサイバーセキュリティ戦略本部は、「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」のパブリックコメント案を取りまとめ、意見募集を開始した。締め切りは3月24日17時。

同案は、政府の「サイバーセキュリティ戦略」を踏まえ、社会で活躍できるセキュリティ関連人材の育成について現状の課題や、今後の方向性について示したもの。東京オリンピック・パラリンピックを迎える2019年度までの今後3年間を想定しているが、中長期的な課題も盛り込んだ。

具体的には、セキュリティを専門とする人材に限らず、ユーザー企業も含めた人材の育成を想定。産学官の連携により、人材の「需要」と「供給」の好循環を形成することを目指し、人材育成戦略の方向性について取りまとめた。またビジネスイノベーションに必要な人材の育成や、若年層に対する教育の在り方についても示している。

意見は、電子政府窓口の「e-Gov」のほか、メール、ファックス、郵送で受け付ける。締め切りは3月24日17時。郵送に関しては同日必着となる。

(Security NEXT - 2017/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
金融分野のセキュリティレポートを公開 - 金融庁
登録セキスペ4月試験、合格率18.9% - 平均年齢36.1歳
地方セキュリティ人材の育成方策を取りまとめ - 総務省
IPA、登録セキスペの説明会を開催 - 制度やメリットなど紹介
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」