Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」でパブコメ実施

政府のサイバーセキュリティ戦略本部は、「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」のパブリックコメント案を取りまとめ、意見募集を開始した。締め切りは3月24日17時。

同案は、政府の「サイバーセキュリティ戦略」を踏まえ、社会で活躍できるセキュリティ関連人材の育成について現状の課題や、今後の方向性について示したもの。東京オリンピック・パラリンピックを迎える2019年度までの今後3年間を想定しているが、中長期的な課題も盛り込んだ。

具体的には、セキュリティを専門とする人材に限らず、ユーザー企業も含めた人材の育成を想定。産学官の連携により、人材の「需要」と「供給」の好循環を形成することを目指し、人材育成戦略の方向性について取りまとめた。またビジネスイノベーションに必要な人材の育成や、若年層に対する教育の在り方についても示している。

意見は、電子政府窓口の「e-Gov」のほか、メール、ファックス、郵送で受け付ける。締め切りは3月24日17時。郵送に関しては同日必着となる。

(Security NEXT - 2017/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

シスコ、セキュリティ人材育成に向けた「スカラシッププログラム」
ラック、新卒採用で新たな試み - CTF突破で「即!西本面接」
NICT、セキュリティ技術を生み出せる技術者を育成 - U-25向けに「SecHack365」を始動
「情報処理安全確保支援士」の初回登録者、平均年齢は40.5歳 - 10代が4人
IPA、産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始 - 模擬プラント演習なども
「情報セキュリティ先進県」目指す大分県がIPAと協定 - 目標は今後5年間で登録セキスペ100人輩出
過去5年間に8.6%が営業秘密漏洩を経験 - 損害1000億円以上のケースも
情報処理安全確保支援士試験、初回応募者2.5万人 - 前回SC試験から2割減
改正個人情報保護法に対応済み企業は1割未満 - 「春までに対応」6割
IIJ、セキュリティ技術向上で兵庫県警を支援