Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトに不正アクセス、相談者のメアド2.6万件流出か - JETRO

日本貿易振興機構(JETRO)のウェブサイトが不正アクセスを受け、関係者のメールアドレスが外部へ流出した可能性があることがわかった。

同機構では、「輸出入」や「海外進出」の実務に関する相談をウェブサイトで受け付けているが、相談利用者の登録ページが不正アクセスを受けたという。同ページのログに同サービスへ登録したことがある利用者のメールアドレス2万6708件が残存しており、これらデータを窃取された可能性がある。

3月8日に同サイトの一部情報が消去されていることが発覚。同機構が調査を行ったところ流出の可能性が判明した。

攻撃者が窃取したメールアドレスを利用し、標的型攻撃メールなどを送信する可能性もあるとして、同機構では、対象となる利用者にメールで謝罪。事情を説明し、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

1月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出 - 優生活
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
政府統計システムから個人情報2.3万件が流出か - 原因はStruts2脆弱性
日本語能力試験の受験者管理システムに不正アクセス - 受験者の顔写真が流出か
GMO-PG、情報流出で重複分除く件数を公表 - クレカ不正利用は未確認
不正アクセスで顧客情報4.9万人流出の可能性 - 東商マート
フォレンジック調査で個人情報流出が確定 - GMO-PG
自転車通販ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出の可能性
JINS通販サイトで個人情報が流出か - 「Apache Struts 2」脆弱性が再度原因に
不正アクセスによる個人情報漏洩でGMO-PGに報告を要請 - 経産省