Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトに不正アクセス、相談者のメアド2.6万件流出か - JETRO

日本貿易振興機構(JETRO)のウェブサイトが不正アクセスを受け、関係者のメールアドレスが外部へ流出した可能性があることがわかった。

同機構では、「輸出入」や「海外進出」の実務に関する相談をウェブサイトで受け付けているが、相談利用者の登録ページが不正アクセスを受けたという。同ページのログに同サービスへ登録したことがある利用者のメールアドレス2万6708件が残存しており、これらデータを窃取された可能性がある。

3月8日に同サイトの一部情報が消去されていることが発覚。同機構が調査を行ったところ流出の可能性が判明した。

攻撃者が窃取したメールアドレスを利用し、標的型攻撃メールなどを送信する可能性もあるとして、同機構では、対象となる利用者にメールで謝罪。事情を説明し、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 防犯カメラ通販サイト
東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 医療情報サービス会社
不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開
国交省関連サイトから情報流出の可能性 - 「Struts 2」脆弱性突かれ不正プログラム設置
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
転職情報サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
「B.LEAGUE」関連サイトへの不正アクセス、クレカ不正利用が2倍弱に
防犯カメラ129台分のパスワード含む資料を一時紛失 - 大阪市
GMO-PGが情報流出で調査報告 - 「脱Struts宣言」するも再構築まで至らず