Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件

マルウェアへ感染させることを目的としたメールが、1月に大幅に減少したことが米Symantecの調査で判明した。一方でウェブ経由の攻撃は増加したという。

20170223_sy_001.jpg
マルウェア感染メールの割合(グラフ:Symantec)

同社が1月の観測状況を取りまとめたもの。同社によれば、マルウェアを感染させるために送信されたメールは、722件に1件の割合で、98件あたり1件だった2016年12月から大幅に改善した。

背景には「Necurs」ボットネットの活動が停滞していることにあると同社は分析しているが、一時的な動きの可能性もあるという。

あらたに観測されたマルウェアの亜種は、前月の1950万件から3290万件に急増した。4500万件以上で推移し、ピークを迎えた10月には9610万件に達するなど大量の新種が出回った2016年8月から11月までの水準には届かないものの、引き続き警戒が必要となる。

(Security NEXT - 2017/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も