Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件

マルウェアへ感染させることを目的としたメールが、1月に大幅に減少したことが米Symantecの調査で判明した。一方でウェブ経由の攻撃は増加したという。

20170223_sy_001.jpg
マルウェア感染メールの割合(グラフ:Symantec)

同社が1月の観測状況を取りまとめたもの。同社によれば、マルウェアを感染させるために送信されたメールは、722件に1件の割合で、98件あたり1件だった2016年12月から大幅に改善した。

背景には「Necurs」ボットネットの活動が停滞していることにあると同社は分析しているが、一時的な動きの可能性もあるという。

あらたに観測されたマルウェアの亜種は、前月の1950万件から3290万件に急増した。4500万件以上で推移し、ピークを迎えた10月には9610万件に達するなど大量の新種が出回った2016年8月から11月までの水準には届かないものの、引き続き警戒が必要となる。

(Security NEXT - 2017/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」
2018年4Qのフィッシング攻撃は25%増 - 国内ホストは10月ピークに減少傾向
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
企業の14%がセキュ事故経験 - サイバー保険加入率は12%
経産省、ビルシステムのセキュリティ確保でGL案 - パブコメ実施
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
2018年下半期の攻撃トラフィック、上半期の3.5倍 - 8割強が「telnet」狙い
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
カードセキュリティの実行計画2019年版 - 非保持でも対策の必要性言及