Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組込機器やIoTシステム向けに「KasperskyOS」 - ポリシーで動作を限定

Kaspersky Labは、組み込み機器向けのOS「KasperskyOS」を提供する。アプリケーションの動作にポリシーを必須とすることで、ポリシーに記載がないサイバー攻撃を実行されるリスクを低減したという。

同OSは、重要インフラやIoTシステムなどでの利用を想定したオペレーティングシステム。マイクロカーネルアーキテクチャをベースに開発されており、セキュリティを実装するための基盤を提供するとしている。

具体的には、セパレートカーネル、リファレンスモニタ、MILS(Multiple Independent Levels of Security)、Flux Advanced Security Kernel(FLASK)アーキテクチャなど採用した。

ポリシーで定義した操作のみを実行するよう設計しており、動作するアプリケーションを開発するには、従来のコードの作成にくわえ、動作を許可する機能のタイプすべてを定義したセキュリティポリシーを用意する必要がある。

同OSの特定機能を実装するためのパッケージも用意。アプリケーション間の通信方法を管理しつつアプリケーションを実行する「Kaspersky Secure Hypervisor」や、既存OSへセキュリティを導入する「Kaspersky Security System」などを提供する。

同社は、提供対象として電気通信、自動車、工業分野を想定。機器開発やシステムインテグレーター、ソフトウェア開発者などに向けて展開していきたい考え。

(Security NEXT - 2017/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止