Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組込機器やIoTシステム向けに「KasperskyOS」 - ポリシーで動作を限定

Kaspersky Labは、組み込み機器向けのOS「KasperskyOS」を提供する。アプリケーションの動作にポリシーを必須とすることで、ポリシーに記載がないサイバー攻撃を実行されるリスクを低減したという。

同OSは、重要インフラやIoTシステムなどでの利用を想定したオペレーティングシステム。マイクロカーネルアーキテクチャをベースに開発されており、セキュリティを実装するための基盤を提供するとしている。

具体的には、セパレートカーネル、リファレンスモニタ、MILS(Multiple Independent Levels of Security)、Flux Advanced Security Kernel(FLASK)アーキテクチャなど採用した。

ポリシーで定義した操作のみを実行するよう設計しており、動作するアプリケーションを開発するには、従来のコードの作成にくわえ、動作を許可する機能のタイプすべてを定義したセキュリティポリシーを用意する必要がある。

同OSの特定機能を実装するためのパッケージも用意。アプリケーション間の通信方法を管理しつつアプリケーションを実行する「Kaspersky Secure Hypervisor」や、既存OSへセキュリティを導入する「Kaspersky Security System」などを提供する。

同社は、提供対象として電気通信、自動車、工業分野を想定。機器開発やシステムインテグレーター、ソフトウェア開発者などに向けて展開していきたい考え。

(Security NEXT - 2017/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応