Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性学習ツール「AppGoat」に4件の脆弱性 - アップデートが公開

情報処理推進機構(IPA)は、複数の脆弱性を修正した脆弱性学習ツール「AppGoat」の新版を公開した。

同ソフトは、ウェブアプリの脆弱性を発見する方法や対策について、実習を通じて学ぶことができるソフトウェア。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同3.0」および「同2.0」に任意のコード実行が可能となる「CVE-2017-2099」をはじめ、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2017-2102」、「DNSリバインディング」の脆弱性「CVE-2017-2100」、認証不備の脆弱性「CVE-2017-2101」が含まれていることが判明したという。

いずれも馬場将次氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。同機構は脆弱性を解消した「AppGoat 3.0.1」を公開した。

同機構では、脆弱性の影響を受ける旧版の利用者に対して利用を中止し、引き続き利用する場合は脆弱性を解消した新版をダウンロードするようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2017/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正