Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、自動化できるフィッシングトレーニングソリューション

英Sophosは、エンドユーザーに対するフィッシング攻撃のトレーニングを実施するソリューション「Sophos Phish Threat」を提供開始した。

同製品は、組織の管理者がフィッシング攻撃のシミュレーションを作成し、従業員トレーニングを提供できるソリューション。2016年に同社が取得したSilent Break Securityの技術「Phish Threat」を活用した。

攻撃者の手法を反映させたり、場所など条件にあわせてカスタマイズすることが可能。トレーニングプロセス全体を自動化し、トレーニングの結果を視覚的に分析できるとしている。

集中管理に対応しており、同社の管理プラットフォーム「Sophos Central」と統合することが可能。当初の提供は英語版のみとなり、トレーニングも英語となる。

(Security NEXT - 2017/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も