Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 更新を10日に公開予定

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」および「Adobe Reader」のセキュリティアップデートを準備しており、米時間1月10日に公開する計画だ。

20170106_as_001.jpg
公開予告を行ったAdobe Systems

同社の「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」における深刻な脆弱性の修正に向けて、「Windows」および「Mac」向けにセキュリティアップデートの準備を進めているもの。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」のタイミングにあわせた公開を予定している。

脆弱性の悪用は1月5日の時点で確認されていない。同社ではいずれのプラットフォームに関しても、適用優先度を提供より30日以内のアップデートを目安とする3段階中2番目の「2」にレーティング。アップデートの公開に備えるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Drupal」に乗っ取りが可能となる深刻な脆弱性、更新がリリース - 100万サイト以上に影響か
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
VMwareの「vRealize Automation」に2件の脆弱性
「Tenable Appliance」にXSSの脆弱性 - 最新版で修正済み
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
「Spring Data Commons」に深刻な脆弱性 - REST処理などでコード実行のおそれ
「Outlook」の脆弱性、メールプレビューで情報漏洩 - パスワードクラックのおそれも
オムロン製FA統合ツールパッケージに複数の脆弱性
「CyberArk」の特権アカウント管理製品に脆弱性 - アップデートで修正