Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ子会社、EUデータ保護規則視野に「BCR」の承認取得目指す

インターネットイニシアティブ(IIJ)の子会社であるIIJ Europeは、同社グループにおける「拘束的企業準則(BCR)」についてイギリスのデータ保護機関より承認を得るために申請を行ったことを明らかにした。

2018年5月に「データ保護規則(GDPR)」が施行されることから、10月14日にイギリスのデータ保護機関である「Information Commissioner's Office(ICO)」へ申請を行ったもの。同社では2017年秋ごろを目処に承認を取得したいとしている。

日本国内の企業がEEA域内においてビジネスを行う場合、BCRなど承認を得ることはもちろん、データ処理にあたって同規則を遵守する事業者を使用する必要がある。そのためクラウドサービスを展開する同社では、BCRの承認を取得することで、同地域に向けてビジネスを展開する国内事業者の需要へ対応したいとしている。

(Security NEXT - 2016/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
小学校職員を懲戒処分、個人情報持ち出しや紛失書類の偽造で - 仙台市
GDPRにおける日本の十分性認定、2019年に持ち越し
「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン」通則編が改正
小学生に個人情報教育の出前授業 - 個人情報保護委
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
1月に「個人情報保護法シンポジウム」が都内で開催
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
2018年秋期情報セキュマネ試験、合格率5割切る - 開始以降はじめて