Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友銀とNECら3社、セキュリティ人材の育成事業で協業

三井住友銀行、日本総合研究所およびNECは、サイバーセキュリティ人材の育成に向けて協業した。

今回の協業により3社のノウハウを活用することで、金融機関向けのサイバーセキュリティ人材を育成するためのプログラムについて、策定を推進する。

具体的には、三井住友銀行と日本総研が持つ金融業務に関する知見や金融機関における脅威情報のほか、NECのセキュリティ人材育成、セキュリティ技術、サイバー攻撃の手口に関する情報などを活用していく。

策定したプログラムについて、三井住友銀行と日本総研では、自社のセキュリティ強化に利用。NECでは、技術者の早期育成にくわえ、金融機関向けのサイバーセキュリティ人材育成プログラムとして、2017年中にサービスを開始したいとしている。

(Security NEXT - 2016/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ分野のキャリアパスグランドデザインで資料 - JNSA
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD
「情報処理安全確保支援士」の新規登録1200人 - 1万9417人に
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
「Trend Micro CTF 2019」が開催 - オンライン予選は9月
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
金融分野のセキュリティレポートを公開 - 金融庁
登録セキスペ4月試験、合格率18.9% - 平均年齢36.1歳
地方セキュリティ人材の育成方策を取りまとめ - 総務省
IPA、登録セキスペの説明会を開催 - 制度やメリットなど紹介