Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、個人情報漏洩でイプサに報告を要請 - 期限は2週間後

化粧品販売を手がけるイプサにおいて個人情報が漏洩したことを受け、経済産業省は、個人情報保護法に基づき報告を求めた。

同事件は、外部から同社のオンラインショップのシステムに不正アクセスがあり、登録している顧客の個人情報42万1313件や、クレジットカード情報5万6121件が外部へ流出した可能性があることが判明したもの。

11月4日にクレジットカード決済代行事業者より報告があり問題が発覚。同社では11月8日に同省へ報告したとしているが、今回の発表を受け、同省では詳細な事実関係のほか、不正アクセス発覚前に講じてきた安全管理措置、発覚以降の対応、現在の安全管理の状況、今後の再発防止策について報告するよう同社へ要請。12月16日までに書面で提出するよう求めている。

(Security NEXT - 2016/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルアカに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - JEMIC
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
通販代行サービス「ECオーダー.com」に不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
西京漬専門店に不正アクセス、個人情報流出か - クレカ決済停止後も影響
ライブハウスのサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
教職員25人がフィッシング被害、障害通知偽装メールで - 金沢大
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加