Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ntp」脆弱性の実証コードが公開、単一パケットでサービス停止

複数の脆弱性に対処した「ntp 4.2.8p9」がリリースされたが、同バージョンで修正された脆弱性の実証コード(PoC)が公開されている。リモートより単一のパケットを受信しただけでクラッシュするおそれがあるという。

実証コードが公開されたのは、Nullポインタ参照の脆弱性によりサービス拒否が生じる「CVE-2016-7434」。パッチのリリースを受け、脆弱性を発見、報告した研究者のMagnus Stubman氏が公開した。

脆弱性の重要度は「低(Low)」とされているが、mrulistのクエリ要求を受け入れるよう設定している場合、外部からの細工された単一のUDPパケットにより、クラッシュするおそれがあるという。

同脆弱性は「ntp 4.2.8p9」で修正されているほか、mrulistクエリの要求を制限することで脆弱性の影響を緩和することが可能であるとしている。

(Security NEXT - 2016/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力