Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10件の脆弱性を解消した「ntp 4.2.8p9」が公開

NTP Projectは、時刻の同期などに利用する「ntpd」のアップデート「ntp 4.2.8p9」を公開した。重要度「高」を含む複数の脆弱性を解消している。

20161122_nt_001.jpg
脆弱性含め38件の修正を行ったト「ntp 4.2.8p9」

今回のアップデートでは、10件の脆弱性を解消したほか、セキュリティに関係がないバグなど28件を修正した。

これら修正においてもっとも重要度が高い脆弱性は、「高(High)」にレーティングされている「CVE-2016-9312」。細工されたサイズの大きいUDPパケットを受信すると、サービス拒否へ陥る可能性があるという。Windowsのみ影響を受けるとしている。

同脆弱性以外は、いずれも重要度「中(MEDIUM)」以下の脆弱性。トラップサービスを有効化している場合に細工したパケットを受信するとクラッシュするNullポインタ参照の脆弱性「CVE-2016-9311」へ対応。

そのほか、リソースを消費する「CVE-2016-9310」「CVE-2016-7427」「CVE-2016-7428」や、入力値の検証に関する脆弱性「CVE-2016-7431」「CVE-2016-7434」などを修正した。

開発チームやセキュリティ機関ではアップデートするよう注意を呼びかけている。今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-7426
CVE-2016-7427
CVE-2016-7428
CVE-2016-7429
CVE-2016-7431
CVE-2016-7433
CVE-2016-7434
CVE-2016-9310
CVE-2016-9311
CVE-2016-9312

(Security NEXT - 2016/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ