Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10件の脆弱性を解消した「ntp 4.2.8p9」が公開

NTP Projectは、時刻の同期などに利用する「ntpd」のアップデート「ntp 4.2.8p9」を公開した。重要度「高」を含む複数の脆弱性を解消している。

20161122_nt_001.jpg
脆弱性含め38件の修正を行ったト「ntp 4.2.8p9」

今回のアップデートでは、10件の脆弱性を解消したほか、セキュリティに関係がないバグなど28件を修正した。

これら修正においてもっとも重要度が高い脆弱性は、「高(High)」にレーティングされている「CVE-2016-9312」。細工されたサイズの大きいUDPパケットを受信すると、サービス拒否へ陥る可能性があるという。Windowsのみ影響を受けるとしている。

同脆弱性以外は、いずれも重要度「中(MEDIUM)」以下の脆弱性。トラップサービスを有効化している場合に細工したパケットを受信するとクラッシュするNullポインタ参照の脆弱性「CVE-2016-9311」へ対応。

そのほか、リソースを消費する「CVE-2016-9310」「CVE-2016-7427」「CVE-2016-7428」や、入力値の検証に関する脆弱性「CVE-2016-7431」「CVE-2016-7434」などを修正した。

開発チームやセキュリティ機関ではアップデートするよう注意を呼びかけている。今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-7426
CVE-2016-7427
CVE-2016-7428
CVE-2016-7429
CVE-2016-7431
CVE-2016-7433
CVE-2016-7434
CVE-2016-9310
CVE-2016-9311
CVE-2016-9312

(Security NEXT - 2016/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース