Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NTTコミュニケーションズ」のなりすましメールに注意 - 添付ファイルはマルウェア

公的機関やISPなどを装って「ウイルスへ感染している」などとメールで不安を煽り、マルウェアへ感染させる攻撃が発生している。なじみがある組織を名乗るメールであっても、添付ファイルや本文内のリンクを開く場合は、注意が必要だ。

今回、「NTTコミュニケーションズ」を装い、マルウェアへ感染させるメールが確認されたもの。問題のメールは、「【重要】総務省共同プロジェクト コンピューターウィルスの感染者に対する注意喚起及び除去ツールの配布について」といった件名で送信されている。

受信者の端末がマルウェアへ感染しているなどとだまして不安を煽る手口で、「除去ツールの配布」と称して、添付ファイルを開かせる。誤ってファイルを開いてしまうと、マルウェアへ感染するおそれがある。

類似した攻撃が、10月後半より確認されており、これまでも業界団体である「ICT-ISAC」になりすましたメールが確認されている。いずれの組織も、こうしたメールを送信することはないとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃