Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SECCON 2016、オンライン予選の登録受付を開始

セキュリティに関する技術や知識について争う競技大会「SECCON 2016」では、オンライン予選の登録受付を開始した。

20161109_sc_001.jpg
オンライン予選の登録受付を開始したSECCON

「SECCON 2016」は、国内最大級のCTF(Capture The Flag)大会。今回実施されるオンライン予選は、学生以外の一般参加者が参加できる唯一の予選となっている。

国籍、性別、年齢、チームの人数問わず参加することが可能。競技時間は、日本時間12月10日15時より翌11日までの24時間を予定している。アナウンスや出題は、日本語と英語で行われる。

オンライン予選の上位入賞者には、2017年1月28日、29日に開催される決勝大会の出場権を授与。決勝大会にはリーダー含む1チーム4名まで出場することができる。詳細は同イベントのサイトから。

訂正のお知らせ:本記事初出時において、決勝の総合優勝者へ与えられる権利について記載しましたが、主催者側による発表内容の訂正を受け、削除いたしました。

(Security NEXT - 2016/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山
「Trend Micro CTF 2019」 - ポーランドチームが優勝
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
学生向けCTFコンテストを11月に都内で開催 - NRIセキュア
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
「SECCON CTF 2019」の開催日程が明らかに
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
「SECCON CTF 2018」東大学生チームが優勝 - 日本チームが上位独占