Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましメール防止の「安心マーク」、地方自治体が初導入

なりすましメール対策の取り組みである「安心マーク」を、地方自治体が導入した。金融機関においても、あらたに採用する企業が出ている。

「安心マーク」は、同サービスを導入済みの組織が発信したメールに、対応環境ではアイコンを表示し、メールが「なりすましメール」でないことを確認できるサービス。日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が推進している。

送信者ドメイン認証技術の「DKIM(DomainKeys Identified Mail)」と、企業情報を公開するウェブサービス「サイバー法人台帳ROBINS」の登録情報を組みあわせたもので、送信者の真偽を検証。

ニフティおよびヤフーのウェブメールが対応しており、これら受信環境では正規の送信者から送られたメールには、受信箱の一覧に「安心マーク」のアイコンが表示される。

今回あらたに、地方自治体としてはじめて愛媛県越智郡上島町が8月より導入。またイオン銀行が同社メールマガジンであらたに採用したという。

(Security NEXT - 2016/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通、FIDO準拠の生体認証サービス - カメラによる生体認証にも対応
顔認証活用の決済サービスで実証実験 - 三井住友銀などで実施
DNP、車載システム向けにセキュリティ対策ソリューション
サイバートラストら、電子署名で真偽確認できる「トラステッドビーコン」
DNPら、高セキュリティなIoT環境を実現するゲートウェイ端末を開発
ウェブレッジ、IoTシステムに特化した脆弱性診断サービス
JTE、制御システムのセキュリティ診断サービスを開始
NEC、制御システム向けセキュリティコンサル - 認証取得も支援
アイ・オー・データ、マイナンバー業務向けUSBメモリ
日立、スマホカメラで指静脈認証できる新技術