Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

音楽配信サービス「Spotify」に不正広告 - マルウェア感染報告も

音楽配信サービス「Spotify」において、不正広告が配信されたことがわかった。一部利用者からはマルウェア感染の報告も寄せられている。

20161006_sp_001.jpg
Spotifyのウェブサイト

同サービスは、フリーミアムモデルを採用した楽曲配信サービス。配信曲は4000万曲以上にのぼるとしており、広告表示により無料で利用できる「Spotify free」や、有料月額サービス「Spotify Premium」を展開。9月29日には日本国内向けにサービスを発表している。

今回の問題が発覚したきっかけは、無料版を導入している利用者による同サービスコミュニティサイトへの投稿。デフォルトブラウザにマルウェアサイトが表示されたり、操作なしにマルウェアへ感染するおそれがあるなど、利用中の端末3台で問題が生じたことを報告し、対策を求めた。

同投稿に対し、「数分おきに広告が表示された」「同じ症状が出てマルウェア駆除を行った」「トロイの木馬が自動的にダウンロードされ、感染しそうになった」など他利用者からもコメントが寄せられた。問題が生じた利用者の環境は、「Windows」や「Mac OS X」「Linux」など多岐にわたっている。

これに対してSpotifyは、一部ユーザーにおいて、デフォルトブラウザに不審なポップアップが表示される問題が発生し、無料版の広告に関連する問題であることを確認したと説明。

広告表示とマルウェア感染の因果関係については触れていないものの、すでに問題の広告を停止し、監視を行っているとし、同様の問題を見かけた場合は通報してほしいとコミュニティへアナウンスした。

「Spotify」に関しては、2011年3月にも表示するだけでマルウェアへ感染のおそれがある広告が配信された経緯がある。同攻撃ではエクスプロイトキット「Blackhole」が利用され、偽セキュリティ対策ソフトへ感染するおそれがあった。

(Security NEXT - 2016/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Google Play」で人気アプリ装うソーシャルエンジニアリング - 開発者名を悪用
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
不正アプリ38種がGoogle Playで流通 - 広告目的か
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
「日本郵便」偽装サイトへのアクセス、1週間で2500件以上 - 豪郵便公社も被害
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
個人情報盗むChrome拡張機能、公式ストアに89件 - 削除妨害機能も