Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロシア政府と関係ある「Sofacy」、OS X向けトロイの木馬を展開か

ロシア政府より支援を受けていると見られるサイバー攻撃グループ「Sofacy」が、Appleの「OS X」を対象とした新種のトロイの木馬「Komplex」を用いて航空宇宙産業を狙ったと見られる攻撃を展開していたことがわかった。

同攻撃グループは、「APT28」「Sednit」「Fancy Bear」「Tsar Team」「Pawn Storm」などの別名でも知られている。ロシア政府より支援を受け、他国の政府や軍、安全保障機関などに対し、少なくとも2007年より活動を展開していることがわかっており、最近では世界反ドーピング機構(WADA)に対する攻撃を行ったと見られている。

今回、OS Xを狙ったあらたなトロイの木馬をPalo Alto Networksが発見したもので、同社は同マルウェアを「Komplex」と名付けた。ファイルをダウンロードしたり、システム上でコマンドが実行できるほか、C&Cサーバと接続して外部へデータを送信する機能を持つという。

同社は、Mac向けソフト「MacKeeper」の脆弱性を利用して感染を広げていたと分析。感染時に端末の利用者へ感染に気が付かれないよう、プレビューアプリからPDFファイルを開く機能を備えていたほか、Googleに対するリクエストを行い、レスポンスがあるまで活動を行わないといった機能を備えていた。

同グループが展開した攻撃と共通するインフラを利用したり、一部コードなども流用していることが判明。攻撃のターゲットについて詳細はわかっていないが、同社では航空宇宙産業を狙った攻撃と推測している。

(Security NEXT - 2016/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘
Cisco、セキュリティ製品向けに再度修正パッチ - あらたな攻撃手法が判明、対応不十分で
Ciscoセキュリティ製品に深刻なRCEの脆弱性 - Catalyst向けモジュールにも影響
Trend Micro CTF 2017、エジプトチームが優勝
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント