Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療センターで患者情報を記録したカメラが所在不明 - 兵庫

兵庫県立尼崎総合医療センターにおいて、患者を撮影した画像が含まれるデジタルカメラが所在不明となっている。

同センターによれば、8月6日に医師が出勤した際、患者を撮影したカメラがなくなっていることへ気が付いた。同医師は前日5日20時半ごろ、カメラを自席に置いて帰宅。以降の所在がわからないという。

問題のカメラには、患者52人分の顔や患部のほか、一部患者に関する電子カルテなどの情報などが保存されていたと見られている。同センターでは、対象となる患者や家族に事情を説明し、謝罪しているが、紛失した情報の不正利用などは確認されていない。

同院では今回の問題を受け、カメラの保管体制やデータの取り込みなど管理体制の見直しを実施。また引き続きカメラの探索を続けるとしている。

(Security NEXT - 2016/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県
メールを誤送信、死亡患者情報が流出 - 墨東病院
病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院
がん患者情報を誤送信、煩雑さ避けるため個人情報記載 - 横浜市立大病院
患者情報含むメディアが所在不明に - 昭和大学歯科病院
職員の人事記録漏洩、犯人不詳のまま告発 - 弘前市
患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院