Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ分野から2名が経済産業大臣賞を受賞

経済産業省は、2016年度の「情報化促進貢献個人等表彰」を決定した。セキュリティ分野で活躍した2名が経済産業大臣賞を受賞している。

同表彰は、人材育成やIT活用、情報処理における安全の確保など、情報化の促進に貢献した個人や組織の功績を称える表彰。1972年より毎年10月に開催される情報化月間にあわせて実施しており、今回で45回目を迎えた。

今回の経済産業大臣賞の「個人」では、セキュリティ分野から2名が選出されている。

受賞が決まった藤江一正氏は、情報処理推進機構(IPA)の前理事長。IPAにおいて標的型攻撃対策の体制整備や、情報処理技術者試験における「セキュリティマネジメント試験」の創設をはじめ、IT産業の発展や人材育成などの業績などが評価された。

同じくCTFイベントであるSECCONの実行委員長を務める竹迫良範氏が受賞。産官学の連携体制を構築しつつ、国内最大のCTF競技大会に発展させ、人材育成に寄与したことが受賞理由となった。

また組織では、IT利活用の面からトヨタ自動車、大阪ガス、ワークスアプリケーションズが選出されている。表彰式は、10月3日を都内で開催される予定。

(Security NEXT - 2016/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の公募が開始
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞が決定 - SECCONなど3者が受賞
日本シーサート協議会が10周年、8月に記念イベントを開催
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者6名を発表
安心安全なネット利用に役立つ手記コンクール - 受賞作品を発表