Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ情報1.4万件流出の可能性、セキュリティコードも - アドプリント

印刷通販のアドプリントは、同社が運営するウェブサーバなどが不正アクセスを受け、クレジットカード情報を含む関連ECサイトの顧客に関する個人情報が、外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

20160916_ap_001.jpg
被害を公表したアドプリント

同社が運営するウェブサーバやデータベースサーバが不正アクセスを受けたもので、クレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報など、サーバに保存されていた個人情報1万4627件が流出した可能性があることが判明した。

具体的には、「adprint」を含む関連12サイトで2014年8月25日から2015年9月23日にかけてカード決済を利用した顧客や、2016年5月20日から8月14日までに「adprint」を含む関連7サイトでカード決済を行った顧客が対象となる。

クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードのほか、住所や電話番号、メールアドレスが含まれる。クレジットカード以外の決済方法を利用した顧客は影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2016/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで個人情報2.2万件が流出の可能性 - ロングランプランニング
ALSI、スマートデバイス向けにウェブフィルタリングサービス
セキュリティ甘い「MongoDB」狙ったランサム攻撃が発生中
「NoSQL DB」の探索行為が増加 - データ窃取に注意を
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ホスティング事業者からクレカなど個人情報が流出 - 利用者サーバに不正ファイルも
脅威パケットを破棄する「Cyber Cleaner ST」 - 国別フィルタがIPv6対応
メルマガ読者管理DBにSQLi攻撃、一部流出か - ソフト開発会社
不正アクセス公表の印刷通販会社であらたにクレカ情報流出が判明
ALSI、ウェブフィルタリングソフトに新版 - FireEyeと連携