Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ情報1.4万件流出の可能性、セキュリティコードも - アドプリント

印刷通販のアドプリントは、同社が運営するウェブサーバなどが不正アクセスを受け、クレジットカード情報を含む関連ECサイトの顧客に関する個人情報が、外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

20160916_ap_001.jpg
被害を公表したアドプリント

同社が運営するウェブサーバやデータベースサーバが不正アクセスを受けたもので、クレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報など、サーバに保存されていた個人情報1万4627件が流出した可能性があることが判明した。

具体的には、「adprint」を含む関連12サイトで2014年8月25日から2015年9月23日にかけてカード決済を利用した顧客や、2016年5月20日から8月14日までに「adprint」を含む関連7サイトでカード決済を行った顧客が対象となる。

クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードのほか、住所や電話番号、メールアドレスが含まれる。クレジットカード以外の決済方法を利用した顧客は影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2016/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WP向けプラグイン「Elementor Pro」に深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃で発覚
電子契約書サービスに不正アクセス - 利用者情報が流出
オンラインモールのサードパーティ製管理ツールに不正アクセス
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
PR TIMESで障害、プレスリリース9本配信できず
国体参加者情報など含む開発中システムに不正アクセス - 日本スポーツ協会
Trend Micro従業員が顧客情報を売却 - サポート詐欺に悪用
ベビー用品通販サイトに不正アクセス - 過去にもDB侵害、協議中再発も