Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE、E2Eの暗号化通信機能をグループトークに拡大

LINEは、SNSアプリ「LINE」において、ユーザー間の通信内容を暗号化する「Letter Sealing」機能の適用を強化した。複数人でのグループトークにも対応した。

20160901_li_001.jpg
鍵マークで同機能を利用中であるか確認できる(画像:LINE)

「Letter Sealing」は、ユーザー間の通信内容を暗号化するもの。エンドトゥーエンド(E2E)で暗号化しており、送信者と受信者以外にはメッセージ内容を解読できないように設計されているという。

同社では2015年11月に1対1のメッセージを対象に同機能の適用を開始。2016年7月26日からは、1対1の無料通話機能にも適用し、さらに今回複数人でのグループトークでも利用できるようになった。ただし、トークに参加しているユーザーが全員同機能を利用している場合に限られる。

同機能が適用されているか判別できるよう、トークルーム名に鍵マークを表示する「Indicator」機能を順次提供。現時点ではトーク内のテキストと位置情報が保護対象となっているが、今後適用を順次拡大する予定。

(Security NEXT - 2016/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業