Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ゼロックスら、コンビニプリントサービスを法人展開 - FeliCa認証に対応

富士ゼロックスとセブン‐イレブン・ジャパンは、セブン‐イレブン店舗のマルチコピー機を利用したプリントサービスを法人向けに拡大する。

全国のセブン‐イレブン店舗に設置されたマルチコピー機を使用し、インターネット経由であらかじめ登録した書類をプリントできる法人向けサービス「ネットプリントサービス for business afterpay」を9月3日より提供開始するもの。

法人向けにプリントの認証機能を追加。店舗でのプリント時には、ユーザーIDとパスワード、またはFeliCaに対応したICカードとパスワードのいずれかで認証を行う。

利用代金は一括精算のため代金は店頭で不要。管理者は、プリントしたユーザー、日時、内容、枚数について確認できる。

年間管理料が10IDあたり3万8880円から。別途初期登録料が必要となる。従来の一般利用者向けの「ネットプリントサービス basic」についても引き続き提供していく。

(Security NEXT - 2016/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供