Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ゼロックスら、コンビニプリントサービスを法人展開 - FeliCa認証に対応

富士ゼロックスとセブン‐イレブン・ジャパンは、セブン‐イレブン店舗のマルチコピー機を利用したプリントサービスを法人向けに拡大する。

全国のセブン‐イレブン店舗に設置されたマルチコピー機を使用し、インターネット経由であらかじめ登録した書類をプリントできる法人向けサービス「ネットプリントサービス for business afterpay」を9月3日より提供開始するもの。

法人向けにプリントの認証機能を追加。店舗でのプリント時には、ユーザーIDとパスワード、またはFeliCaに対応したICカードとパスワードのいずれかで認証を行う。

利用代金は一括精算のため代金は店頭で不要。管理者は、プリントしたユーザー、日時、内容、枚数について確認できる。

年間管理料が10IDあたり3万8880円から。別途初期登録料が必要となる。従来の一般利用者向けの「ネットプリントサービス basic」についても引き続き提供していく。

(Security NEXT - 2016/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など