Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ゼロックスら、コンビニプリントサービスを法人展開 - FeliCa認証に対応

富士ゼロックスとセブン‐イレブン・ジャパンは、セブン‐イレブン店舗のマルチコピー機を利用したプリントサービスを法人向けに拡大する。

全国のセブン‐イレブン店舗に設置されたマルチコピー機を使用し、インターネット経由であらかじめ登録した書類をプリントできる法人向けサービス「ネットプリントサービス for business afterpay」を9月3日より提供開始するもの。

法人向けにプリントの認証機能を追加。店舗でのプリント時には、ユーザーIDとパスワード、またはFeliCaに対応したICカードとパスワードのいずれかで認証を行う。

利用代金は一括精算のため代金は店頭で不要。管理者は、プリントしたユーザー、日時、内容、枚数について確認できる。

年間管理料が10IDあたり3万8880円から。別途初期登録料が必要となる。従来の一般利用者向けの「ネットプリントサービス basic」についても引き続き提供していく。

(Security NEXT - 2016/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応