Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先で患者情報含むHDDなどが盗難 - 伊勢崎市民病院

伊勢崎市民病院は、委託先において車上荒らしによる盗難が発生し、手術データ1万5158件が保存されたハードディスクが被害に遭ったことを明らかにした。

8月11日夜から12日朝にかけて、委託先であるのホギメディカルの従業員が、自宅の駐車場で車上荒らしに遭ったもの。個人情報を含む書類やハードディスクが盗まれた。

被害に遭ったのは、患者147人に関する氏名や年齢、血液型、性別、病名、手術に関する情報が記載された書類と、手術データ1万5158件が保存されたハードディスク。ハードディスクには、暗号化を実施していたという。情報の不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2016/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
車上荒らしで顧客情報が盗難 - 大和リビング
調律師が車上荒らしに、顧客情報が盗難 - 河合楽器
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
車上荒らしで顧客情報が盗難被害 - かもめガス
車上荒らしで学生の個人情報が被害に - 梅光学院大
作業中に車上荒らし、顧客情報が盗難 - 大丸エナウィン
10分ほどの駐車中に車上荒らし、学生情報など被害 - 名大
中学校内で車上荒らし、成績情報が盗難 - 堺市
学童保育所の児童名簿が盗難被害 - 野田市