Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部Androidのデフォルトブラウザに脆弱性 - 利用中止を

一部バージョンのAndroidが搭載する既定のブラウザに、サービス拒否の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「Android 4.3」および以前のバージョンに搭載されているデフォルトブラウザ「Androidブラウザ2.2」「同2.1」に、サービス拒否の脆弱性が存在することが判明したもの。細工されたパケットを処理するとクラッシュするおそれがあるという。

今回の脆弱性は、FFRIの村上純一氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。脆弱性の修正プログラムは提供されておらず、JVNでは対象となる「Androidブラウザ」の使用を中止するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス