Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICTがNTT-ATを指名停止処分 - HDD紛失で

NTTアドバンステクノロジは、受注プロジェクトのデータを保存したハードディスクを紛失した問題で、情報通信研究機構(NICT)より指名停止処分を受けたことを明らかにした。

同社のサーバルームで保管していた外付けハードディスク2台の紛失が5月27日に判明したもの。90社から受注していた個別プロジェクトに関するデータが保存されていた。捜索を継続しているが、現在も見つかっていない。またインターネットのモニタリングを実施しているが、情報流出などは確認されていないとしている。

NICTでは、善管注意義務や事故報告義務など、委託契約に違反したとして、8月1日から9月30日までの2カ月間、指名を停止するという。

同社では今回の問題を受けて、サーバルームにおける入退室管理や監視カメラの設置、物品の持ち込み制限の徹底、可搬記憶媒体の利用規定の見直しなど、緊急対策を実施。セキュリティ教育の徹底など、抜本的な対策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2016/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
従業員が顧客へ他顧客情報を漏洩 - 北洋銀
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市
元職員が顧客情報を漏洩、詐欺に悪用か - 百十四銀
2018年登録の自動車登録申請書57件を誤廃棄 - 国交省
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
来庁者の電話番号もとにLINEへ連絡、職員を処分 - 大阪市
宅建業者情報提供システムが3カ月半ぶりに再開 - 東京都
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市