Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、ベンダー向けに消費者向けIoTのセキュリティガイド - 想定脅威を整理

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「コンシューマ向けIoTセキュリティガイド」を公開した。IoTにおけるセキュリティ対策の概要のほか、ウェアラブル端末やスマートテレビなど、具体的なIoT機器において想定される脅威などをわかりやすく整理している。

20160624_jn_001.jpg
公開されたコンシューマ向けIoTセキュリティガイド

IoTの拡大が今後見込まれる一方、脅威や、セキュリティやITに知識がない利用者の増加など、セキュリティが大きな課題であるとして、同資料では、製品やサービスの提供者向けに考慮すべき内容をまとめた。

具体的には、IoTの市場動向を解説。応用が期待される分野や、今後の普及予測などを紹介。さらにIoT機器における機能や要求項目などを整理した。

その上で、アクセス制御をはじめとするセキュリティやプライバシーの問題などについて解説したほか、ベンダーの立場から、提供時に検討すべきポイントや、ユーザー利用の観点からベンダーが考慮すべき点をまとめている。

またスマートテレビ、ウェアラブル端末、ネットワークカメラなど、具体的な機器ごとに、導入初期や平常時、野良状態など各ライフサイクルで想定される脅威を整理。一覧表としてまとめている。

(Security NEXT - 2016/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
IoT機器でのプライバシーやデータ保護、半数超が追加支出を許容 - 海外調査
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
中小企業向けのIoT品質確認チェックリスト - IPA
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催