Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JP-Secure、ホスト型WAFをバージョンアップ

ジェイピー・セキュアは、ホスト型ウェブアプリケーションファイアウォール「SiteGuard Lite」の最新版を提供開始した。

同製品は、シグネチャベースのホスト型WAF。最新版となる「同3」では、Apacheにおいて「.htaccess」より有効化するためのディレクティブを追加。レポート出力やダイアログ表示などのユーザビリティを見直したほか、アップグレード手順を簡略化している。

(Security NEXT - 2016/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
モジュール型WAF「SiteGuard Lite」、IISへ対応 - Nginxも対応予定
SecureWorks、AWS向けマネージドサービスやインシデント対応サービス
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応
MBSD、AWSに特化したセキュリティ監視サービス
日立システムズ、金融機関向けにサイバー攻撃対策パッケージ
NTTコム、クラウドのシステム構築行うSIer向けにセキュリティサービス
DSR、クラウドWAFと脆弱性診断の連携サービスを開始