Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、金融機関向けにサイバー攻撃対策パッケージ

日立システムズと同社子会社のセキュアブレイン、およびアカマイ・テクノロジーズの3社は、金融機関向けにウェブサイトを保護するソリューションを展開する。

同ソリューションは、アカマイのDDoS攻撃対策およびWAFサービス、セキュアブレインの不正送金対策、日立システムズのインシデント対応支援サービスを組み合わせ、金融機関に提供するもの。従来は、「Akamai Kona Site Defender」と「PhishWallプレミアム」を仕様上の問題から同時に利用できなかったが、連携機能を共同で開発した。

日立システムズでは、同ソリューションを「金融機関向けDDoS・不正送金対策パック」として展開。2018年までに累計10億円の売上を目指す。

(Security NEXT - 2016/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
オンライン本人確認事業で合弁会社検討 - セブン銀とISID
2支店で納付書控え1.8万件が所在不明 - 鹿児島興業信組
米司法省、APT 10所属の中国人2人を刑事訴追 - 日本含む12カ国数十社を侵害
なりすましメール対策、約6割が「SPF」設定、「DMARC」は1%
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
ネットバンク不正送金被害、5年半ぶりの低水準 - 被害額1億円を割り込む