Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイ、疑似攻撃による評価サービス - IoT機器などにも対応

ファイア・アイは、組織のセキュリティ状況を評価する2種類のサービス「Mandiantレッドチーム・サービス」と「Mandiantペネトレーション・テスト」を提供する。

同社が2014年に買収したMandiantのサービス2種を投入するもの。「同レッドチーム・サービス」では、機密情報に対するサイバー攻撃を疑似的に行うことで、企業のセキュリティ体制を調査。対応プロセスについてアドバイスを行う。

また「同ペネトレーション・テスト」は、産業制御システムやIoTデバイス、モバイルデバイス、ウェブアプリケーションなど特定の技術やシステムを評価するサービス。攻撃グループが脆弱性を悪用して攻撃を行う際の手法を用いて侵入テストを行う。

(Security NEXT - 2016/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
38種類の加工方法を実装した匿名加工情報作成ソフト - NTT-TX
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス