Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FortiGate」と「秘文」を連携した情報漏洩防止ソリューション

日立ソリューションズは、「FortiGateシリーズ」と「秘文」を連携したソリューションを提供開始した。

同ソリューションでは、米FortinetのUTM「FortiGateシリーズ」と、同社の暗号化ソフト「秘文 Data Encryption」を連携。秘文で暗号化されたファイルを識別し、暗号化されていないファイルを添付したメールの送信を遮断する。

価格は、FortiGateシリーズが47万1960円から。秘文 Data Encryptionはライセンス購入型が1クライアントあたり1万800円。サブスクリプション型が年額5400円となっている。

(Security NEXT - 2016/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ジュニパー、SDSNプラットフォームにポリシー管理の自動化など追加
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
クラウド基盤活用したマルウェア検疫サービス - インテック