Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FortiGate」と「秘文」を連携した情報漏洩防止ソリューション

日立ソリューションズは、「FortiGateシリーズ」と「秘文」を連携したソリューションを提供開始した。

同ソリューションでは、米FortinetのUTM「FortiGateシリーズ」と、同社の暗号化ソフト「秘文 Data Encryption」を連携。秘文で暗号化されたファイルを識別し、暗号化されていないファイルを添付したメールの送信を遮断する。

価格は、FortiGateシリーズが47万1960円から。秘文 Data Encryptionはライセンス購入型が1クライアントあたり1万800円。サブスクリプション型が年額5400円となっている。

(Security NEXT - 2016/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン