Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、ID管理やSSOをクラウドで提供

GMOグローバルサインは、業務アプリケーションのID管理やシングルサインオンなどをクラウドで提供する「IDアクセス管理サービス SKUID byGMO」を今夏にリリースする。同社はそれに先立ち、ベータ版を提供している。

同サービスは、業務アプリケーションにおけるID管理やシングルサインオン、アクセスコントロール、利用状況のレポート機能などをクラウド上で提供するもの。

レポート機能を用意しており、従業員のアプリケーション利用状況をリアルタイムで確認できるほか、不正アクセスの検知にも対応するという。

基本機能は無料で利用できる。正式版では有料オプションを提供する予定。また同社では、ID連携のパートナー募集もあわせて進めている。

(Security NEXT - 2016/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Outlook」の脆弱性、メールプレビューで情報漏洩 - パスワードクラックのおそれも
複数のSAMLライブラリに脆弱性 - 認証回避のおそれ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
「OpenAM」に追加認証を回避される脆弱性
HPE、「IceWall SSO」に新版 - 複数認証レポジトリに対応
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
2016年度のSaaS型認証管理サービス市場、前年比3割増
dit、特権アカウントの不正利用防止製品の新版