Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護情報サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性

介護施設や介護サービスの情報を提供するサイト「HAJ介護ガイドnavi」が不正アクセスを受け、登録者に関する個人情報が流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営する北海道アルバイト情報社によれば、3月13日3時前から15日4時半過ぎにかけて、複数回にわたりSQLインジェクション攻撃による不正アクセスを受けたもの。同月16日10時過ぎに不正アクセスの痕跡を確認し、被害に気が付いた。

今回の不正アクセスにより、同社の求人サイトに3月15日時点で登録していた利用者のメールアドレスが漏洩した可能性があり、一部利用者については氏名や住所、電話番号などが含まれる。被害の報告などは受けていないという。

同社では同サイトを閉鎖。運営するすべてのサイトにおいてウェブアプリケーションの脆弱性を解消するなど、対策を講じている。

(Security NEXT - 2016/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
2018年2Qの脆弱性届出は158件 - ソフトウェア関連が倍増
「サイボウズGaroon」にSQLインジェクションの脆弱性
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正
フォトブログ「Pixelpost」に複数脆弱性 - すでに開発は終了、利用中止を