Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護情報サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性

介護施設や介護サービスの情報を提供するサイト「HAJ介護ガイドnavi」が不正アクセスを受け、登録者に関する個人情報が流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営する北海道アルバイト情報社によれば、3月13日3時前から15日4時半過ぎにかけて、複数回にわたりSQLインジェクション攻撃による不正アクセスを受けたもの。同月16日10時過ぎに不正アクセスの痕跡を確認し、被害に気が付いた。

今回の不正アクセスにより、同社の求人サイトに3月15日時点で登録していた利用者のメールアドレスが漏洩した可能性があり、一部利用者については氏名や住所、電話番号などが含まれる。被害の報告などは受けていないという。

同社では同サイトを閉鎖。運営するすべてのサイトにおいてウェブアプリケーションの脆弱性を解消するなど、対策を講じている。

(Security NEXT - 2016/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドの統合管理製品に9件の脆弱性 - パッチ適用を
「WordPress 4.8.3」が公開 - 修正不十分だった「SQLi脆弱性」に対応
OSS開発者向けにウェブアプリ脆弱性検査サービスを無償提供 - ビットフォレスト
「WordPress」に複数の脆弱性 - プレースホルダ利用でもSQLiのおそれ
ウェブアプリ脆弱性検査サービス「VAddy」がプライベートネットワークの検査に対応
オープンソースのSEO管理ツールに複数の脆弱性
「baserCMS」にPHPコードの実行やDB操作が可能となる脆弱性
インターコムの「MaLion」に認証不備やSQLiなど複数の脆弱性
2017年2Qの脆弱性届け出は269件 - ソフトウェア関連が2.6倍に
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス