Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT i3とMSが提携、脅威情報を共有

米MicrosoftとNTTイノベーション・インスティテュート(NTT i3)は、戦略的パートナーシップを締結した。脅威情報を共有し、セキュリティサービスやソリューションをグローバルに展開する。

今回のパートナーシップ締結により、両社はサイバーセキュリティにおける脅威情報を共有を進め、NTTイノベーションでは、顧客へ提供している脅威対策プラットフォーム「Global Threat Intelligence Platform(GTIP)」へ活用。

MSの「Cyber Threat Intelligence Program」より脅威となるIPアドレスやマルウェアに関する情報を活用することで、サイバー攻撃の検知能力を向上させる。

また今回の提携により、メンバー間でマルウェアやセキュリティ関連情報の共有を促進するアライアンスフレームワーク「Virus Information Alliance 3.0」に加盟。メンバー間での情報共有を推進する。

(Security NEXT - 2016/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 5月14日にパッチを公開予定
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
安全なデータ利活用の企業実態について報告書 - IPA
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
車両制御アプリに脆弱性 - リモートより制御奪われるおそれ
工場やビル向けネットワーク監視ソリューションを展開 - NRIセキュアとSCADAfence