Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT i3とMSが提携、脅威情報を共有

米MicrosoftとNTTイノベーション・インスティテュート(NTT i3)は、戦略的パートナーシップを締結した。脅威情報を共有し、セキュリティサービスやソリューションをグローバルに展開する。

今回のパートナーシップ締結により、両社はサイバーセキュリティにおける脅威情報を共有を進め、NTTイノベーションでは、顧客へ提供している脅威対策プラットフォーム「Global Threat Intelligence Platform(GTIP)」へ活用。

MSの「Cyber Threat Intelligence Program」より脅威となるIPアドレスやマルウェアに関する情報を活用することで、サイバー攻撃の検知能力を向上させる。

また今回の提携により、メンバー間でマルウェアやセキュリティ関連情報の共有を促進するアライアンスフレームワーク「Virus Information Alliance 3.0」に加盟。メンバー間での情報共有を推進する。

(Security NEXT - 2016/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Connect」に認証回避のおそれ
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
「Adobe Flash Player」のアップデートが公開 - 深刻な脆弱性を解消
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
「Adobe Flash Player」のアップデートが公開 - 深刻な脆弱性3件など修正
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
停止中のゲームタイトルを順次再開 - マイネット
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス