Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NIRVANA-R」がSyslog対応 - アラート発行でパケットキャプチャ

日本ラッドは、他社製セキュリティアプライアンスとの連携機能を追加したネットワーク可視化システム「NIRVANA-R」の新版を提供開始した。

同製品は、情報通信研究機構(NICT)よりライセンスを受けている「NIRVANA」をベースに、アラート機能などを追加した監視システム。

今回提供する「同1.2」では、セキュリティ製品やネットワーク機器が発行するSyslogに対応。またアラートをトリガーとして、通信パケットをキャプチャすることが可能。

アラート発生後にネットワークスイッチやファイアウォールを連動して制御するインターフェースの組み込みも簡単に行えるよう改良している。

(Security NEXT - 2016/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

dit、Savvius製のネットワーク品質監視ツールを発売
クレカ情報狙う「偽Google Play」 - 「お支払方法登録のお願い」などとSMSで誘導
Apple、「iOS 10.2」をリリース - 12件の脆弱性を修正
TSS LINK、ファイル暗号化機能を組み込めるSDK
IPA、SSL/TLS製品の設定方法を解説 - 規定で推奨準拠は1割未満
NTTデータSMS、複数顔認証による不正操作防止ソリューション
糖尿病患者向け医療機器に複数の脆弱性 - インスリン不正投与のおそれ
ロードバランサ「FortiWAN」に複数の脆弱性
アーバー、脅威可視化プラットフォームの新版をリリース
米Arbor、マルウェアや内部不正の検知ソリューション