Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール

JPCERTコーディネーションセンターは、北朝鮮が関与し、「Hidden Cobra」などとしても知られる攻撃グループ「Lazarus」が攻撃に用いたソフトウェアの情報を取りまとめ、公開した。

標的型攻撃では、マルウェアを用いるだけでなく、正規ツールや一般的に出回っているソフトウェアなども悪用することがわかっているが、同センターでは同グループが内部ネットワークの調査や感染活動などに用いるソフトウェアの情報を公開した。

いわゆるラテラルムーブメントに利用するツールとしては、「Active Directory」から情報を収集する「AdFind」をはじめ、ネットワーク内のSMB共有のリストを取得する「SMBMap」、また「LLMNR」「NBT-NS」「MDNS」のレスポンダーである「Responder-Windows」がクライアントの誘導に悪用されていた。

また情報の窃取でも3種類の一般的なツールを悪用。具体的には、クライアント端末内のメーラーやブラウザからパスワード情報を抽出する「XenArmor Email Password Recovery Pro」「XenArmor Browser Password Recovery Pro」や、圧縮ソフト「WinRAR」などが利用されている。

そのほかバックドアとしてVNCクライアントの「TightVNC Viewer」を悪用。メモリダンプを取得する正規ツール「ProcDump」や、広く利用されているパケットキャプチャツール「tcpdump」、ダウンローダーである「wget」なども利用していた。

これらツールは「Lazarus」以外の攻撃グループが悪用する可能性もあり、同センターでは、提供元のURLとともにハッシュ値などの情報を取りまとめた。ただし、いずれもマルウェアではなく、正規の目的で利用されるケースもあるとして、取り扱いに注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消
PHPにアップデート、セキュリティリリースの位置づけ
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
オリンパス、マルウェアによる通信を確認 - データ消失や流出の痕跡は見つからず
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス