Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール

JPCERTコーディネーションセンターは、北朝鮮が関与し、「Hidden Cobra」などとしても知られる攻撃グループ「Lazarus」が攻撃に用いたソフトウェアの情報を取りまとめ、公開した。

標的型攻撃では、マルウェアを用いるだけでなく、正規ツールや一般的に出回っているソフトウェアなども悪用することがわかっているが、同センターでは同グループが内部ネットワークの調査や感染活動などに用いるソフトウェアの情報を公開した。

いわゆるラテラルムーブメントに利用するツールとしては、「Active Directory」から情報を収集する「AdFind」をはじめ、ネットワーク内のSMB共有のリストを取得する「SMBMap」、また「LLMNR」「NBT-NS」「MDNS」のレスポンダーである「Responder-Windows」がクライアントの誘導に悪用されていた。

また情報の窃取でも3種類の一般的なツールを悪用。具体的には、クライアント端末内のメーラーやブラウザからパスワード情報を抽出する「XenArmor Email Password Recovery Pro」「XenArmor Browser Password Recovery Pro」や、圧縮ソフト「WinRAR」などが利用されている。

そのほかバックドアとしてVNCクライアントの「TightVNC Viewer」を悪用。メモリダンプを取得する正規ツール「ProcDump」や、広く利用されているパケットキャプチャツール「tcpdump」、ダウンローダーである「wget」なども利用していた。

これらツールは「Lazarus」以外の攻撃グループが悪用する可能性もあり、同センターでは、提供元のURLとともにハッシュ値などの情報を取りまとめた。ただし、いずれもマルウェアではなく、正規の目的で利用されるケースもあるとして、取り扱いに注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断