Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガードとパイオリンク、感染端末を遮断する新ソリューション

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンと韓パイオリンクは、マルウェアへ感染したデバイスの特定と遮断を自動で行う連携ソリューションを提供する。

同ソリューションは、パイオリンクのセキュリティスイッチ「TiFRONT」および運用管理ツール「TiManager」と、ウォッチガードのUTMアプライアンス「WatchGuard Firebox」を連携させたもので、マルウェアに感染した端末の特定や遮断を自動的に行えるという。

(Security NEXT - 2016/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
マルウェア設定情報の抽出ツールを公開 - JPCERT/CC
無償調査ツールにメモリ検査機能 - ファイルレス攻撃の判定に対応
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス