Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガードとパイオリンク、感染端末を遮断する新ソリューション

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンと韓パイオリンクは、マルウェアへ感染したデバイスの特定と遮断を自動で行う連携ソリューションを提供する。

同ソリューションは、パイオリンクのセキュリティスイッチ「TiFRONT」および運用管理ツール「TiManager」と、ウォッチガードのUTMアプライアンス「WatchGuard Firebox」を連携させたもので、マルウェアに感染した端末の特定や遮断を自動的に行えるという。

(Security NEXT - 2016/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入