Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガードとパイオリンク、感染端末を遮断する新ソリューション

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンと韓パイオリンクは、マルウェアへ感染したデバイスの特定と遮断を自動で行う連携ソリューションを提供する。

同ソリューションは、パイオリンクのセキュリティスイッチ「TiFRONT」および運用管理ツール「TiManager」と、ウォッチガードのUTMアプライアンス「WatchGuard Firebox」を連携させたもので、マルウェアに感染した端末の特定や遮断を自動的に行えるという。

(Security NEXT - 2016/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加