Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Arbor、マルウェアや内部不正の検知ソリューション

米Arbor Networksは、ネットワークより脅威を発見するセキュリティプラットフォーム「Arbor Networks Spectrum」を発表した。

同プラットフォームは、パケットキャプチャやNetFlowより、組織のネットワークにおけるマルウェアの活動や内部不正を検知するソリューション。

サービスプロバイダとの提携関係により得たトラフィックデータや、マルウェアの調査、攻撃者のモニタリングなど踏まえた情報をもとに脅威を検知し、調査を行えるとしており、経験者だけでなく、初心者でも利用できるよう設計したという。

(Security NEXT - 2016/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
オンライン本人確認事業で合弁会社検討 - セブン銀とISID
ソフォスら、サイバー攻撃の検知からブロックまで自動化するソリューション
FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに