Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIND 9に不正なレコード受信で異常終了する脆弱性

「BIND 9」において、不正なレコードを受信するとサービスが停止する脆弱性が含まれていることがわかった。影響が大きく、Internet Systems Consortium(ISC)やセキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

今回明らかとなった「CVE-2015-8704」は、文字列処理に起因した脆弱性。不正なレコードを受信すると異常終了するおそれがあり、リモートからのDoS攻撃へ悪用されるおそれがある。ISCによる深刻度のレーティングは「高(High)」。

権威サーバのセカンダリサーバにおいて、プライマリサーバよりゾーン転送が行われた場合や、キャッシュDNSサーバが権威DNSサーバからレコードを受け取った場合などをはじめ、不正なレコードを受信するとクラッシュするという。

同脆弱性は、「同9.3.0」以降のすべてのバーションが影響を受ける。ISCでは脆弱性を修正した「同9.10.3-P3」「9.9.8-P3」を用意。日本レジストリサービス(JPRS)など関連機関などとともに、最新版へ更新するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用