Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セコム、不正侵入したドローンを検知するシステム

セコムは、不正に侵入したドローンをレーダーなどで検知する「セコム・ドローン検知システム」を発売開始した。

20160115_se_001.jpg
利用イメージ(画像:セコム)

同ソリューションは、重要施設や大規模なイベント会場などへ不正に侵入したドローンを検知。リアルタイムにカメラで追跡しつつ、管理者に異常を通知するシステム。

一般的なドローンが、監視対象施設の半径100メートル以内に接近すると、レーダーで検知して侵入と判断。監視画面に検知した物体の方向と距離を表示する。さらにレーダーが検知した方向の音を「3D指向性マイク」で集音し、飛行物体を「近赤外照明付高速パンチルトズームカメラ」で追跡、映像を表示する。

価格は、レーダー、マイク、カメラ、監視卓の標準システムで1システム4320万円から。工事料金や保守料金は別途必要で、設置場所に応じて個別見積りとなる。またイベントなどの短期利用にも対応する。

(Security NEXT - 2016/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JUIDA、ドローンを活用した物流の安全運用に向けたガイドライン案を公開
金融機関や物流事業者名乗るマルウェアメールに注意を
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
セコムとKDDI、次世代通信「5G」で実証実験 - IoT時代視野に
ローン申込者の審査情報を誤って同意なく保証会社へ送信 - イオン銀
ドローン活用による精密農業の実証研究成果発表会 - 道内で開催
日本IBM、クレカ会社とFinTechの連携を支援するAPI
旧奈良銀で扱った約300件の帳票が所在不明 - りそな銀