Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不要となった機密書類からあらたな紙をオフィス内で生産できる新技術

セイコーエプソンは、使用済みの紙を材料にあたらしい紙を生産できる小型オフィス製紙機「PaperLab」を開発した。2016年内の商品化を目指している。

20151202_se_001.jpg
小型オフィス製紙機「PaperLab」

同製品では、使用済みの紙を綿のような細長い繊維に加工。繊維化した材料に結合素材を用いて紙を作成する。使用済みの紙を入れてから約3分で1枚目の紙を生産。1分間に約14枚を作成できるという。

また「Dry Fiber Technology」により、生産にあたり水は不要。紙厚や色、香りなど必要な紙を作成できる。

同製品により、オフィス内で文書を完全に抹消し、あらたな紙を再生できるため、裁断作業や廃棄のために外部へ持ち出す必要なく、組織内部で紙資源のリサイクルを実現するという。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

採用説明会参加者向けメールで送信ミス - 原子力規制庁
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
3人に1人が「退職後も元職場にアクセスできる」- Kaspersky調査
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
米司法省、APT10所属の中国人2人を刑事訴追 - 日本含む12カ国数十社を侵害
冷蔵庫内の片付けできる人は職場データも整理できる傾向?
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
シンガポール医療機関の大規模情報漏洩、関与グループが判明