Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内ITインフラサービス市場、セキュリティ分野は成長率上昇の見込み

国内のインフラストラクチャサービス市場において、2015年以降に成長率の上昇が期待される分野は、セキュリティサービス市場のみであるとの調査結果をIDC Japanが取りまとめた。

同社では、「ITインフラストラクチャコンサルティング&インテグレーション」「ITインフラストラクチャアウトソーシング」「ITインフラストラクチャサポートサービス」「ITインフラストラクチャセキュリティサービス」の4分野を「国内ITインフラストラクチャサービス市場」として定義。

2014年の同市場全体の規模は2兆4035億円。2019年までの年間平均成長率は2.1%で、2019年には2兆6,732億円へ成長すると見込んでいる。

今後、非クラウドのインフラ構築案件の減少などによりコンサルティングやインテグレーション、ハードウェアのサポート保守などの市場成長率が低下する一方、同社は、注目分野として「ITインフラストラクチャセキュティサービス」市場を挙げている。

市場規模は他市場と比較して大きくないものの、高成長率を期待できると指摘。2015年以降に、唯一成長率が上昇すると見ており、2014年から2019年の年間平均成長率を5.9%と予想している。

(Security NEXT - 2015/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃相談、2019年度上半期は221件 - 80件でレスキュー支援
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
重要インフラのセキュリティ向上に活用できる「ES-C2M2」に解説資料 - IPA
クラウド設定ミス対策のCloud Conformityを買収 - トレンド
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
「データ破壊」狙うイランのサイバー攻撃が増加 - 米政府声明
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
クラウドセキュリティに活用できるOSSを紹介した資料 - CSAジャパン