Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内ITインフラサービス市場、セキュリティ分野は成長率上昇の見込み

国内のインフラストラクチャサービス市場において、2015年以降に成長率の上昇が期待される分野は、セキュリティサービス市場のみであるとの調査結果をIDC Japanが取りまとめた。

同社では、「ITインフラストラクチャコンサルティング&インテグレーション」「ITインフラストラクチャアウトソーシング」「ITインフラストラクチャサポートサービス」「ITインフラストラクチャセキュリティサービス」の4分野を「国内ITインフラストラクチャサービス市場」として定義。

2014年の同市場全体の規模は2兆4035億円。2019年までの年間平均成長率は2.1%で、2019年には2兆6,732億円へ成長すると見込んでいる。

今後、非クラウドのインフラ構築案件の減少などによりコンサルティングやインテグレーション、ハードウェアのサポート保守などの市場成長率が低下する一方、同社は、注目分野として「ITインフラストラクチャセキュティサービス」市場を挙げている。

市場規模は他市場と比較して大きくないものの、高成長率を期待できると指摘。2015年以降に、唯一成長率が上昇すると見ており、2014年から2019年の年間平均成長率を5.9%と予想している。

(Security NEXT - 2015/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
官民連携のサイバーセキュリティ協議会、構成員を募集
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
クラウド設定のテンプレ、設定ミスがクラウド環境全体のリスクに