Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンポジウム案内メールを誤送信 - 専修大

専修大学社会知性開発研究センターは、シンポジウムの案内メールにおいて、送信先のメールアドレスが流出したことを公表した。

11月9日、同センターが開催するシンポジウムの案内メールを送信した際、操作ミスにより宛先のメールアドレス249件が受信者間で確認できる状態となったもの。

同センターでは誤送信から1時間後、メールアドレスを登録していた249人にメールで謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2015/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

口座情報含む資料をファックスで誤送信 - JA高知県
記者宛のメールで送信ミス、メアド流出 - 大阪市
案内メールで誤送信、顧客のメアド流出 - イベント事業者
患者の個人情報含むファイルを誤送信 - 富山大病院
ニュースメール誤送信で会員のメアド流出 - 日本診療放射線技師連盟
誤送信で講習会申込者のメアド流出 - 兵庫県作業療法士会
メール誤送信で法人顧客のメアド流出 - すららネット
ライブイベントの当選メールを誤送信、メアド流出 - 近畿大
メール誤送信で推薦入試出願者のメアド流出 - 県立広島大
イベント案内メール誤送信、企業のメアド流出 - 新潟県